考えすぎるひとの日記

基本ゆるやか時々激しく過ごすぞ

㉓一番底からちょっと登ったところ

やっと書けた

季節の変わり目だからか、私のメンタルの周期なのか、はたまた両方なのか。

今回も無事地の果てから生還できた。とてもおめでたいことである。しかしエネルギーがまだ満ち足りてないのでベッドの上で書いている。今週のお題でも書こうかなと思っていたが肝心のお題が「秋の歌」。秋の歌など全然知らない、知らないが無理矢理にでも書いてやろうとお題のアナグラムを試みたが、その企ては呆気なく敗北した。

 

この前駅前を歩いているとクリスマスソングのような歌が流れていた。クリスマスソング自体は冬の歌なんだろうが、流れている時期は秋の終わりから冬の始まりにまたがっているので冬を予感させる秋の歌という解釈はできないだろうか。いや、少し強引すぎるか。